美味しいコーヒーを追い求めて 世界各国のコーヒー豆を品揃え

自家焙煎 松本ビーンズ 輸入コーヒー豆 自家焙煎 自家焙煎機 自家焙煎コーヒー

こだわりのコーヒー生豆

コーヒー豆

店主が厳選した、品質に優れたコーヒー豆を使用!
松本ビーンズ独自の焙煎方法で、豆の可能性を最大限引き出す。

当店で販売している多くのコーヒー豆は、コーヒーの専門家が世界各国のコーヒー豆を厳選し、買い付けた希少品。
店主と現地担当者が直接やり取りをし、その時季に一番良い豆を選んで、厳しいカッピング (味や香り、舌触りなどのテスト)を経て入荷します。

元々コーヒーマニアの店主は、ありとあらゆるコーヒーショップやコーヒー豆専門店を10年以上渡り歩き、世界のコーヒー通と情報交換をした結果、本当に美味しいコーヒーを見つけました。
そして「本当に美味しいコーヒーを自分で作り、安い価格で沢山の人に飲んで欲しい!」という情熱と使命で、札幌市北区にてコーヒー豆専門店をオープンしちゃいました!
現在もコーヒー専門家や各地の担当者と密に情報交換し、美味しいコーヒーを探し求め、日々研究を続けています。

品質に対する飽くなき追求が「お客様との信頼関係になる!」と信じ、一途にコーヒー豆にこだわっています。

松本流焙煎法 当店でしかできない深みのあるうまいコーヒーを

コーヒー豆の焙煎機

焙煎役は、店主:松本
理想のコーヒーを10年以上も探し求め、コーヒーショップやコーヒー豆専門店に出入りし、専門家らとの情報交換し、数えきれない豆を焼いて研究した結果、うまいコーヒーの焙煎方法を導き出しました。
遂に「松本流」美味しいコーヒーの焙煎方法を確立!

まず最初に、ハンドピック(一粒ずつ選別)で、異物や不良豆をしっかり除去します。
更に、他のコーヒー豆専門店でも通常行わない、独自の一手間(企業秘密)を経てから、ゆっくりじっくりと熱風低温焙煎を行います。

豆は農産物なので、その年や時季の気候や環境によって味も違いますので、新しく入荷した豆を使う時には、小型のロースターでサンプルを焼いて、その時季の豆に合った焙煎時間や焙煎温度を割り出します。最後に本番の焙煎機で同じ味が出るまで調整を行います。

通常、焙煎後から日が経つにつれ、豆に含まれている油がドンドンと酸化し、香りや味が落ちてしまうのですが、当店では焙煎後も味や風味が変わらないように独自の工夫をしています。

松本ビーンズでは、焙煎後の豆にも低温管理を徹底しています。

松本ビーンズの温度焙煎

松本ビーンズの温度焙煎とは?

コーヒーは身近な飲み物なのに、味の違いや美味しいコーヒーを知らない人が多いと思います。
まずは、味の違いを知って頂きたく「温度焙煎コーヒー」のお試しを提案します。

温度焙煎とは、焙煎豆の焼き上がり温度を指します。
200℃のコーヒーは、焙煎豆の温度が200℃になった時に釜からあげ、
218℃のコーヒーは、焙煎豆の温度が218℃になった時に釜からあげます。

温度の低いコーヒーは酸味が強く、温度が高くなるにつれ「甘み」から「苦味」へ変化します。
200℃〜220℃の3段階。同じ銘柄のコーヒーの「顔の違い・味の変化」を楽しんでみて下さい。

コーヒーはロースト(焙煎度合)を変えることで、味わいや香りが大きく変化します。一般的に焼が深くなるほど苦味が強くなり、浅いものほど酸味が強くなります。酸味の口当たり・風味・後味、コーヒーの美味しさは酸味だとも言われています。
自分のお好みにあったロースト・焙煎温度を見つけて下さい。

コーヒーの楽しみ方に、手順やルールはありません。
自家焙煎 松本ビーンズでは、低価格で高品質のコーヒーをお届けし、多くのお客様が楽しいコーヒーライフを過ごされることを願っております。

松本ビーンズ 美味しいコーヒーのポイント

キレ・甘味・香り・コク

おいしいコーヒーにはこの4つのポイントが揃っています。
「焙煎とは熱による化学変性である。」 という考えに基づき、
水分を抜き、飲みやすく上品な味わいに仕上げつつも、最大限に成分を残し香りやコクを引き出すポイントを探り、おいしいコーヒーを追求すべく、日々焙煎に励んでおります。

キレ
コーヒーに一番大切な部分です。キレとは飲み込んだあとに喉の奥に苦みや雑味が全くなく余韻がすばらしい。
甘味
コーヒーの甘みは後味がどんどん甘くなり香りが鼻に抜けて行きます。
香り
香りとは、たとえばコロンビアならコロンビアの味、ガテマラならガテマラの味というように単品のコーヒーの味覚特性がしっかり出ていれば、良質のコーヒーですし、最高の焙煎と言えます。
コク
コーヒー豆が持つ様々な成分を飲み応えとして感じるコク。

コーヒーの生豆の話

コーヒー豆

皆様が購入されるセピア色のコーヒー豆は焙煎(焼く・煎る)されて売られていますが、収穫された生豆(きまめ)は、現豆とも呼ばれ、生産国から送られてきた時は黄緑色や青色の生の状態です。

生豆は、焙煎豆とは全然違う状態(香り・味・色・手触り)なので、生豆のままではコーヒーを淹れることはできません。

焙煎で加熱する事によって、生豆の成分を化学変化させ、コクのある美味しいコーヒーを楽しむことが出来ます。
しかし、外観は似たように見える生豆でも、産地・品種・農園・等級・選別などの様々な要因で、味がまったく違います。
農作物と同じで、コーヒー豆も産地や生産者によって味が変わります。
その為、同じ品種のコーヒーでも、味のコントラストを感じる方が多くいらっしゃると思います。

松本ビーンズでは、美味しい生豆を仕入れ、更にハンドピックで選別し、独自の自家焙煎技術で美味しいコーヒー豆を販売しております。

コーヒー豆の産地別

南米
  • 名称:ブラジル 産地:ブラジル 温度焙煎: 200℃ 218℃ 220℃
  • 名称:コロンビア 産地:コロンビア 温度焙煎:200℃ 218℃ 220℃
中米・カリブ
  • 名称:ガテマラ 産地:ガテマラ 温度焙煎:200℃ 218℃ 220℃
  • 名称:コスタリカ 産地:コスタリカ 温度焙煎:200℃ 218℃
アフリカ
  • 名称:キリマンジャロ 産地:タンザニア 温度焙煎:200℃
  • 名称:モカ 産地:エチオピア 温度焙煎:200℃ 218℃ 220℃
アジア
  • 名称:マンデリン 産地:インドネシア 温度焙煎:200℃
オリジナルブレンド
  • 麻生ブレンド
  • モーニングブレンド
  • ホテルブレンド
  • 街角ブレンド(夏季限定)
キリマンジャロ